下水道管渠更生・管路補修ならワイエスイー株式会社

ラクユーZ工法
本工法は、周辺環境への配慮・安全性・施工性を最重要視し、開発された不断水水替工法である。
通水器:ラクユーZ(スーパーラクユーZ)を既設下水マンホール(既設宅内桝含む)の管渠(本管及び取付管)に挿入し、エアーコンプレッサーにより空気注入を行い管渠の閉塞をおこなう。この閉塞による管渠内に蓄積する汚水(雨水)は、通水器:ラクユーZ(スーパーラクユーZ)に接続するサクションホースを用い、アクアコレクター(集水器)或いはオートアクアコレクター(自動集水器)と接続し、専用特殊ポンプにより吸水をおこなう。専用特殊ポンプ以降には、仮設排水管(サニーホース・鋼管・塩ビ管・ポリエチレン管など)を接続し、目的の既設マンホール或いは既設下水路(渠)まで配管をおこない排水するものである。

専用特種ポンプ
ページの上部へ移動▲


高圧洗浄
 下水道管等の汚れや堆積物等を特殊車両を使用し高圧水により除去する作業。
モルタル除去
 高圧洗浄で除去できなかった障害物・異物(モルタル・突出し管・ラード等)を、油圧による穿孔機を用いて除去していく作業。
ページの上部へ移動▲


TVカメラ調査
 管渠内に、自走式TVカメラを走らせ録画し、管渠の状態を安全な状態で、より詳細に調査する作業。
 (※管渠の直径が800㎜未満に適用。)

カメラ車中オペレーター室

自走式TVカメラ
目視調査
 調査員が安全を確認したうえで、管渠の内部に入り直接目視にて管渠の状態を調査する作業。
 (※管渠の直径が800㎜以上の場合に限る。)

目視調査状況
不明管調査(取付管)
 何らかの事情により、桝からカメラを挿入できない取付管の調査や、地上に桝がない不明管を、本管から挿入し、取付管の調査や、不明ますの調査・発見する作業。
適応管径:φ200~500mm。

検査用カメラ

不明管調査状況図
ページの上部へ移動▲
前のページへ